低体温は風邪にかかりやすい

スポンサーリンク

体温が35度台と低めの人は免疫力が低下しやすい!!

子どもから大人まで、今の日本人は冷え体質が増えているといわれています。食生活やストレス、エアコンの使用など、日常の生活習慣が大きな要因ですが、平熱が35度台と低めの人は、特に注意しなくてはいけません。というのも、体温が低くなるとからだの免疫力が低下するからです。


体温が1度下がれば、免疫力はおよそ33〜37%低下。たった1度の体温低下でもバカにできません。免疫力が衰えれば、当然、風邪にかかりやすくなります。がん細胞が好む環境も35度の体温。低体温は、がんにかかるリスクも高くなります。
出典:http://woman.excite.co.jp

基礎代謝も落ち、体内酵素の働きも鈍っていくために、栄養の消化やエネルギーの生産力も下がっていきます。まったくもって、低体温にいいことは何ひとつもありません。

「風邪は万病のもと」といいますが、「冷えこそ万病のもと」。発熱でもしない限り、毎日、体温を測る習慣がふつうないので、低体温の自覚がない人も意外と多いのです。自分は冷えていないと思っても、肩こり、頭痛、腰痛、生理痛、便秘症、目の下にクマができやすい、むくみやすく肥満気味の症状があれば、低体温の疑いがあるかもしれません。
出典:https://www.st-c.co.jp

低体温を少しでも改善するには、冷たいものや甘いものを食べ過ぎにないこと。食物繊維とビタミン豊富な温野菜をたっぷり摂取しましょう。また、エアコンを使用する場合でも、夏は28度、冬は19度程度に調整。適度な運動をしてからだの代謝をあげるなど、日ごろの生活から見直していく必要があります。

こどもの免疫力が高まる【こどもバナナ青汁】

「こどもバナナ青汁」は国産大麦若葉を中心に野菜13種類、フルーツ6種類をたっぷり凝縮させ、
50種類以上の栄養素を含むスーパーフードといわれるスピルリナも配合。
更に黒糖を加え乳酸菌とビフィズス菌のダブルパワーで育ち盛りのお子様を徹底サポート。
風邪に負けない元気な体作りをしましょう!

青汁の苦いイメージを覆し、子供でも飲みやすいバナナ味にしたことでなんと94.1%のお子様が「美味しい」と回答
安心の国産大麦若葉使用、国内製造。保存料・人工甘味料も不使用です。
牛乳を混ぜて、バナナオレ風に飲むのがおススメ!大人の方にも好評です。

初回限定60日間返金保証
今なら、2ヶ月間の使用で満足いただけない場合も商品代金保証があります。
安心してお試しできますね!

人気記事