風邪といってもいろいろ!?

スポンサーリンク

風邪はウィルスの種類によっても症状が違う

私たちがふだん「風邪」と呼んでいる病気の正式名は「風邪症候群」。風邪症候群には、普通感冒、インフルエンザ(流行性感冒)、咽頭炎、気管支炎と大きく分類されます。おもな症状としては、くしゃみ、鼻水、発熱、のどの痛み、せき、倦怠感など。ウィルス感染によって起きるものがほとんどです。
■参考サイト:風邪の種類


出典:http://www.influ-news.info/influ


ウィルスのなかでもっとも知られているのが、呼吸器に感染する「インフルエンザウィルス」。冬の時期に猛威をふるい、高熱が出るのが特徴です。

また蔓延しやすい「アデノウィルス」は季節性に関係なく、軽い鼻かぜ程度のものから重度の扁桃腺炎、肺炎や結膜炎、下痢、嘔吐といったさまざまな症状が見られます。

このように風邪のウィルスにもいろんな種類があって、その数は200種類以上。それぞれの種類によって症状にも違いがあります。多くのウィルスは冬に流行しますが、エコーウィルスやコクサッキーウィルスのように高温、多湿の状態を好むものもあり、これらは夏に発症しやすいのです。
出典:http://takeda-kenko.jp

ウィルス性の風邪なら、たいてい3日程度で自然治癒をするため、軽い症状であれば必ずしも病院にかかる必要はないかもしれません。からだを温めて、十分な睡眠と栄養を摂れば、たいてい症状は改善していきます。

ただ、初期の風邪なら自宅療養で大丈夫といっても、症状によっては早めに病院を受診した方が安心な場合もあります。特にぜんそくや糖尿病などの持病がある人は、合併症を起こす危険性もあるので注意しなくてはなりません。

こどもの免疫力が高まる【こどもバナナ青汁】

「こどもバナナ青汁」は国産大麦若葉を中心に野菜13種類、フルーツ6種類をたっぷり凝縮させ、
50種類以上の栄養素を含むスーパーフードといわれるスピルリナも配合。
更に黒糖を加え乳酸菌とビフィズス菌のダブルパワーで育ち盛りのお子様を徹底サポート。
風邪に負けない元気な体作りをしましょう!

青汁の苦いイメージを覆し、子供でも飲みやすいバナナ味にしたことでなんと94.1%のお子様が「美味しい」と回答
安心の国産大麦若葉使用、国内製造。保存料・人工甘味料も不使用です。
牛乳を混ぜて、バナナオレ風に飲むのがおススメ!大人の方にも好評です。

初回限定60日間返金保証
今なら、2ヶ月間の使用で満足いただけない場合も商品代金保証があります。
安心してお試しできますね!

人気記事