風邪といってもいろいろ!?

スポンサーリンク

風邪はウィルスの種類によっても症状が違う

私たちがふだん「風邪」と呼んでいる病気の正式名は「風邪症候群」。風邪症候群には、普通感冒、インフルエンザ(流行性感冒)、咽頭炎、気管支炎と大きく分類されます。おもな症状としては、くしゃみ、鼻水、発熱、のどの痛み、せき、倦怠感など。ウィルス感染によって起きるものがほとんどです。
■参考サイト:風邪の種類


出典:http://www.influ-news.info/influ


ウィルスのなかでもっとも知られているのが、呼吸器に感染する「インフルエンザウィルス」。冬の時期に猛威をふるい、高熱が出るのが特徴です。

また蔓延しやすい「アデノウィルス」は季節性に関係なく、軽い鼻かぜ程度のものから重度の扁桃腺炎、肺炎や結膜炎、下痢、嘔吐といったさまざまな症状が見られます。

このように風邪のウィルスにもいろんな種類があって、その数は200種類以上。それぞれの種類によって症状にも違いがあります。多くのウィルスは冬に流行しますが、エコーウィルスやコクサッキーウィルスのように高温、多湿の状態を好むものもあり、これらは夏に発症しやすいのです。
出典:http://takeda-kenko.jp

ウィルス性の風邪なら、たいてい3日程度で自然治癒をするため、軽い症状であれば必ずしも病院にかかる必要はないかもしれません。からだを温めて、十分な睡眠と栄養を摂れば、たいてい症状は改善していきます。

ただ、初期の風邪なら自宅療養で大丈夫といっても、症状によっては早めに病院を受診した方が安心な場合もあります。特にぜんそくや糖尿病などの持病がある人は、合併症を起こす危険性もあるので注意しなくてはなりません。

体を守る「免疫」を作るには「乳酸菌EF-2001」

風邪の予防、カギは「免疫力」です。
最近の研究では、乳酸菌がお腹だけでなく「免疫力」の大きな力となる事がわかってきました。
おすすめしたいのは「乳酸菌EF-2001」が1包あたり1兆個も含有しているという「メガサンA150」というサプリメント。

乳酸菌の中でも極めて免疫活性度が優れていて、独自の加熱製造技術で腸までしっかり届くので心強いです。今愛用者が増えていて、今年注目の商品です。
体質改善系のサプリメントなので、効き目が出るまで少し時間がかかりました。お試しのプランでもが3カ月〜なのですが、確かに3カ月は必要かなと思います。
風邪以外にも、免疫力に不安がある方や普段慢性的にストレスを抱えている方などに是非おすすめです。
免疫力に働きかける体のガードマン「メガサンA150」

人気記事