医者にかかるタイミングを逃さない

スポンサーリンク

風邪を悪化させないために、どの時点で病院を受診したらよいか知っておこう


少しの風邪ぐらいで病院にかからないという人は多いでしょう。といっても、乳幼児や高齢者、糖尿病、慢性呼吸器疾患、心疾患、腎臓病などの持病がある人は早めの受診を心がけましょう。1週間以上症状の改善が見られない場合は、必ず医師の診察を受けるべきです。


初期の症状で、市販の風邪薬でOKなのか、病院に行った方がいいのかという線引きは、個人の判断になりますが、ひとつの目安を知っておくのは大事。自宅療養でよいと思われる場合は、熱が38度以下、軽いせきやのどの痛み、鼻汁に透明感があるというようなレベル。すぐにでも病院を受診した方がいい症状は、熱が39度以上、鼻汁が黄色か緑色、激しいのどの痛み、強いせきなど。


病院に行くときは、マスクも必須アイテム。これは周囲に感染を広げないためのエチケットであり、自分も他のウィルス感染にかかることを防止するための対策。受診時間は熱が比較的低い午前中の方がおすすめです。午前中であれば検査もしやすく、症状の観察も十分にできます。

風邪になると子どもは小児科、大人は内科を受診しますが、これも妊娠中であれば産婦人科の方がよかったり、のどの痛みや鼻水の症状が気になる場合は耳鼻咽喉科の方が適切な処置を受けられることも。

たとえば、のどや鼻の風邪に効果的な「吸入」。この処置を内科でやってくれるところは多くないかもしれません。耳鼻咽喉科でしたら、こうした設備も整っているので、首から上の風邪の症状にはおすすめといえます。

体を守る「免疫」を作るには「乳酸菌EF-2001」

風邪の予防、カギは「免疫力」です。
最近の研究では、乳酸菌がお腹だけでなく「免疫力」の大きな力となる事がわかってきました。
おすすめしたいのは「乳酸菌EF-2001」が1包あたり1兆個も含有しているという「メガサンA150」というサプリメント。

乳酸菌の中でも極めて免疫活性度が優れていて、独自の加熱製造技術で腸までしっかり届くので心強いです。今愛用者が増えていて、今年注目の商品です。
体質改善系のサプリメントなので、効き目が出るまで少し時間がかかりました。お試しのプランでもが3カ月〜なのですが、確かに3カ月は必要かなと思います。
風邪以外にも、免疫力に不安がある方や普段慢性的にストレスを抱えている方などに是非おすすめです。
免疫力に働きかける体のガードマン「メガサンA150」

人気記事