医者にかかるタイミングを逃さない

スポンサーリンク

風邪を悪化させないために、どの時点で病院を受診したらよいか知っておこう


少しの風邪ぐらいで病院にかからないという人は多いでしょう。といっても、乳幼児や高齢者、糖尿病、慢性呼吸器疾患、心疾患、腎臓病などの持病がある人は早めの受診を心がけましょう。1週間以上症状の改善が見られない場合は、必ず医師の診察を受けるべきです。


初期の症状で、市販の風邪薬でOKなのか、病院に行った方がいいのかという線引きは、個人の判断になりますが、ひとつの目安を知っておくのは大事。自宅療養でよいと思われる場合は、熱が38度以下、軽いせきやのどの痛み、鼻汁に透明感があるというようなレベル。すぐにでも病院を受診した方がいい症状は、熱が39度以上、鼻汁が黄色か緑色、激しいのどの痛み、強いせきなど。


病院に行くときは、マスクも必須アイテム。これは周囲に感染を広げないためのエチケットであり、自分も他のウィルス感染にかかることを防止するための対策。受診時間は熱が比較的低い午前中の方がおすすめです。午前中であれば検査もしやすく、症状の観察も十分にできます。

風邪になると子どもは小児科、大人は内科を受診しますが、これも妊娠中であれば産婦人科の方がよかったり、のどの痛みや鼻水の症状が気になる場合は耳鼻咽喉科の方が適切な処置を受けられることも。

たとえば、のどや鼻の風邪に効果的な「吸入」。この処置を内科でやってくれるところは多くないかもしれません。耳鼻咽喉科でしたら、こうした設備も整っているので、首から上の風邪の症状にはおすすめといえます。

こどもの免疫力が高まる【こどもバナナ青汁】

「こどもバナナ青汁」は国産大麦若葉を中心に野菜13種類、フルーツ6種類をたっぷり凝縮させ、
50種類以上の栄養素を含むスーパーフードといわれるスピルリナも配合。
更に黒糖を加え乳酸菌とビフィズス菌のダブルパワーで育ち盛りのお子様を徹底サポート。
風邪に負けない元気な体作りをしましょう!

青汁の苦いイメージを覆し、子供でも飲みやすいバナナ味にしたことでなんと94.1%のお子様が「美味しい」と回答
安心の国産大麦若葉使用、国内製造。保存料・人工甘味料も不使用です。
牛乳を混ぜて、バナナオレ風に飲むのがおススメ!大人の方にも好評です。

初回限定60日間返金保証
今なら、2ヶ月間の使用で満足いただけない場合も商品代金保証があります。
安心してお試しできますね!

人気記事