解熱剤は何度から使うとよい?

スポンサーリンク

解熱剤を使う目安は38.5度から

熱が高くなると、大半の人が「解熱剤を使って早く下げた方が安心」と勘違いしていませんか。発熱は細菌やウィルスの増殖をおさえ、それに打ち勝つための免疫作用を高めるともいわれています。つまり、解熱剤の使用によって、体温を下げることは逆にウィルス感染が蔓延化することもありうるのです。

ただ、高熱よって倦怠感がひどくなったり、不眠、食欲不振、発汗による脱水症状が進むと、体力を余計に消耗し、からだに悪影響を及ぼすことがあります。

そういう時こそ、解熱剤の出番!こうした不快感の緩和に解熱剤は有効です。使用する際、目安となる体温は38.5〜39度くらい。また、解熱剤にもいろんな種類があります。
出典:http://kosodate-hyakka.com/

もっとも安全といわれているのが「アセトアミノフェン」。解熱鎮痛剤のなかでも腎障害のリスクが低く、アレルギーの可能性もほとんどないといった報告があります。「イブプロフェン」も副作用が少なく、安全性ではおすすめ。小児用でもよく使われます。

逆に小児用として使ってはならないのが、「ボンタール」や「ボルタレン」。過去に死亡例があったほか、脳炎、脳症などの後遺症が出ています。
■参考サイト:子どもの発熱と解熱剤について

体温計で熱を測って「こんなに熱がある」と思うと、早く熱を下げたくなるもの。その気持ちは十分にわかるのですが、無理に正常の体温まで下げようとしないことです。解熱剤を使う目的は、あくまでも高熱にともなうつらい症状を取り除くためのもの。安易に使うべきではありません。

こどもの免疫力が高まる【こどもバナナ青汁】

「こどもバナナ青汁」は国産大麦若葉を中心に野菜13種類、フルーツ6種類をたっぷり凝縮させ、
50種類以上の栄養素を含むスーパーフードといわれるスピルリナも配合。
更に黒糖を加え乳酸菌とビフィズス菌のダブルパワーで育ち盛りのお子様を徹底サポート。
風邪に負けない元気な体作りをしましょう!

青汁の苦いイメージを覆し、子供でも飲みやすいバナナ味にしたことでなんと94.1%のお子様が「美味しい」と回答
安心の国産大麦若葉使用、国内製造。保存料・人工甘味料も不使用です。
牛乳を混ぜて、バナナオレ風に飲むのがおススメ!大人の方にも好評です。

初回限定60日間返金保証
今なら、2ヶ月間の使用で満足いただけない場合も商品代金保証があります。
安心してお試しできますね!

人気記事