常備しておきたい風邪薬

スポンサーリンク

風邪薬は使い慣れたものを常備しておく!?


「病院に行くほどの症状ではなさそう・・・」といった程度の軽い症状なら、市販の風邪薬で十分対処できることが多いものです。実際に風邪薬を家に常備している人は7割程度。かなり多くの人が何らかの風邪薬を家で保存しています。
出典:http://www.rapt.co.jp

特にひとり暮らしの場合は、常備薬として風邪薬をそろえておくのは基本。夜になって急に具合が悪くなった場合でも、薬があれば安心です。
■参考サイト:市販の風邪薬の選び方 http://allabout.co.jp

ところで、市販の風邪薬といってもいろいろ。総合感冒薬から解熱鎮痛剤、せき止め、のどの腫れなどに効く消炎剤、鼻水をおさえる鼻炎薬といったように、ピンポイントで諸症状をおさえる薬まであります。初期の風邪なら漢方薬もおすすめです。

常備薬は前に使ってよかったものなど、使い慣れたものを選び、うがい薬、胃腸薬、下痢止めなども一緒に揃えておくとより安心。かかりつけ医がいるなら、いざという時のために、ちょっと多目に風邪薬をもらってキープしておくのもよいでしょう。
出典:http://www.kampodesk.com

また、風邪薬によって便秘が起きることがあります。これは一種の副作用。薬に含まれる成分が、腸内の善玉菌を殺してしまう働きを持っているからです。こうした便秘の症状は、風邪薬に限ったことではなく、抗生物質を服用した時にも現れます。

薬の副作用による便秘を解消するには、整腸剤を一緒に飲んだり、薬を飲んだ後ヨーグルトにオリゴ糖を入れてたっぷり食べることも効果的。

体を守る「免疫」を作るには「乳酸菌EF-2001」

風邪の予防、カギは「免疫力」です。
最近の研究では、乳酸菌がお腹だけでなく「免疫力」の大きな力となる事がわかってきました。
おすすめしたいのは「乳酸菌EF-2001」が1包あたり1兆個も含有しているという「メガサンA150」というサプリメント。

乳酸菌の中でも極めて免疫活性度が優れていて、独自の加熱製造技術で腸までしっかり届くので心強いです。今愛用者が増えていて、今年注目の商品です。
体質改善系のサプリメントなので、効き目が出るまで少し時間がかかりました。お試しのプランでもが3カ月〜なのですが、確かに3カ月は必要かなと思います。
風邪以外にも、免疫力に不安がある方や普段慢性的にストレスを抱えている方などに是非おすすめです。
免疫力に働きかける体のガードマン「メガサンA150」

人気記事