日中、眠くて頭が重い

スポンサーリンク

ランチタイムにコーヒーナップで頭スッキリ!

最近は、日本でも昼寝制度を取り入れている、寛大な職場が登場! 何でも、昼寝によって得られる効果が非常に高いよう。

体力の回復によって、風邪予防、ミスや事故の軽減はもちろん。会議でのひらめき、発言が増え、業績アップに成功した会社も増えているといいます。

とはいえ、昼寝制度を認めている会社はまだごく一部。なかなか仕事中に昼寝とはいきませんから、ランチタイムを使って、15分程度の仮眠を取りましょう。それだけでも、疲れた頭が少しスッキリ! 

★ランチタイムの昼寝のポイント
1 昼寝の前にコーヒーを飲む「コーヒーナップ」
コーヒーに含まれるカフェインの覚醒作用は、飲んで20〜30分後に現われるので、寝る前に飲むと起きた時の目覚めがよい。

2 イスに座った状態で15分程度昼寝
ソファに横たわると血圧が下がり目覚めが悪くなるので、イスに座って背もたれに寄りかかるように眠る。壁が近くにあれば壁にもたれかかるとよい。この時、アイピローやネックピローがあると眠りやすい。

体を守る「免疫」を作るには「乳酸菌EF-2001」

風邪の予防、カギは「免疫力」です。
最近の研究では、乳酸菌がお腹だけでなく「免疫力」の大きな力となる事がわかってきました。
おすすめしたいのは「乳酸菌EF-2001」が1包あたり1兆個も含有しているという「メガサンA150」というサプリメント。

乳酸菌の中でも極めて免疫活性度が優れていて、独自の加熱製造技術で腸までしっかり届くので心強いです。今愛用者が増えていて、今年注目の商品です。
体質改善系のサプリメントなので、効き目が出るまで少し時間がかかりました。お試しのプランでもが3カ月〜なのですが、確かに3カ月は必要かなと思います。
風邪以外にも、免疫力に不安がある方や普段慢性的にストレスを抱えている方などに是非おすすめです。
免疫力に働きかける体のガードマン「メガサンA150」

人気記事