人ごみに出かける機会が多い

スポンサーリンク

うがい、手洗いに加えてハーブティーでインフルエンザ対策

風邪症候群の9割は、ウィルス感染によるものだそうです。人ごみに出かける機会が増えると、風邪の菌に触れることも多くなります。外出する際は、マスクをして。帰宅したら、うがいと手洗い。この3つを徹底するだけでも、風邪予防になります。

特にインフルエンザのピークとなる12月から2月くらいまでの間は、衛生面から使い捨てマスクを常用したいもの。

また、手洗いは石けんを泡立てて、指の間、手の平と甲、手首の上までしっかり洗うように。うがいは、殺菌・消毒効果のあるうがい薬を使って、喉の左右、奥までガラガラ。

さらに、エキナセア、エルダーフラワーのハーブティーを飲んで、体を温めると免疫力がアップし、インフルエンザ予防にプラスの効果が。風邪の引き始めであれば、殺菌作用のあるセージのハーブティーもおすすめ。

体を守る「免疫」を作るには「乳酸菌EF-2001」

風邪の予防、カギは「免疫力」です。
最近の研究では、乳酸菌がお腹だけでなく「免疫力」の大きな力となる事がわかってきました。
おすすめしたいのは「乳酸菌EF-2001」が1包あたり1兆個も含有しているという「メガサンA150」というサプリメント。

乳酸菌の中でも極めて免疫活性度が優れていて、独自の加熱製造技術で腸までしっかり届くので心強いです。今愛用者が増えていて、今年注目の商品です。
体質改善系のサプリメントなので、効き目が出るまで少し時間がかかりました。お試しのプランでもが3カ月〜なのですが、確かに3カ月は必要かなと思います。
風邪以外にも、免疫力に不安がある方や普段慢性的にストレスを抱えている方などに是非おすすめです。
免疫力に働きかける体のガードマン「メガサンA150」

近頃良く聞くワード、以下のWEBサイトで情報収集しましょう

人気記事