熱が38℃以上あっても休めない

スポンサーリンク

解熱剤は慎重に服用!! 即効性があるのはニンニク注射!?

熱があって仕事を休むとなれば、38℃を目安に考える人たちが多いよう。どうしても休めない場合は、熱の状態によって対処。発熱時は、体力を温存するために、食欲があればしっかり栄養を摂る

熱が高ければ、早めに解熱剤を使うのもひとつ。急に熱が上がった場合は、インフルエンザや重症化する可能性もあるので、早めに医師の診察を。即効性を求めるなら、ニンニク注射や点滴です。

★発熱の対処法
1 発熱の始め
寒気や震えが起き、体温を上げようしている時は、衣類や室温、温かい食事で体を暖める。

2 熱の上昇期
体温が上昇する時は、免疫細胞が活発に働き、ビタミンCが奪われていくため、温かいレモネード、しょうが湯などを飲む。38℃を超えて辛い時は解熱剤を服用し様子を見る。

3 熱の下降期
熱が下がり出し、汗が出てきたら、こまめにタオルで汗を拭き、衣類を取り替える。
ミネラルドリンクで水分補給。
解熱剤は体温を見て服用。

体を守る「免疫」を作るには「乳酸菌EF-2001」

風邪の予防、カギは「免疫力」です。
最近の研究では、乳酸菌がお腹だけでなく「免疫力」の大きな力となる事がわかってきました。
おすすめしたいのは「乳酸菌EF-2001」が1包あたり1兆個も含有しているという「メガサンA150」というサプリメント。

乳酸菌の中でも極めて免疫活性度が優れていて、独自の加熱製造技術で腸までしっかり届くので心強いです。今愛用者が増えていて、今年注目の商品です。
体質改善系のサプリメントなので、効き目が出るまで少し時間がかかりました。お試しのプランでもが3カ月〜なのですが、確かに3カ月は必要かなと思います。
風邪以外にも、免疫力に不安がある方や普段慢性的にストレスを抱えている方などに是非おすすめです。
免疫力に働きかける体のガードマン「メガサンA150」

人気記事