熱が38℃以上あっても休めない

スポンサーリンク

解熱剤は慎重に服用!! 即効性があるのはニンニク注射!?

熱があって仕事を休むとなれば、38℃を目安に考える人たちが多いよう。どうしても休めない場合は、熱の状態によって対処。発熱時は、体力を温存するために、食欲があればしっかり栄養を摂る

熱が高ければ、早めに解熱剤を使うのもひとつ。急に熱が上がった場合は、インフルエンザや重症化する可能性もあるので、早めに医師の診察を。即効性を求めるなら、ニンニク注射や点滴です。

★発熱の対処法
1 発熱の始め
寒気や震えが起き、体温を上げようしている時は、衣類や室温、温かい食事で体を暖める。

2 熱の上昇期
体温が上昇する時は、免疫細胞が活発に働き、ビタミンCが奪われていくため、温かいレモネード、しょうが湯などを飲む。38℃を超えて辛い時は解熱剤を服用し様子を見る。

3 熱の下降期
熱が下がり出し、汗が出てきたら、こまめにタオルで汗を拭き、衣類を取り替える。
ミネラルドリンクで水分補給。
解熱剤は体温を見て服用。

こどもの免疫力が高まる【こどもバナナ青汁】

「こどもバナナ青汁」は国産大麦若葉を中心に野菜13種類、フルーツ6種類をたっぷり凝縮させ、
50種類以上の栄養素を含むスーパーフードといわれるスピルリナも配合。
更に黒糖を加え乳酸菌とビフィズス菌のダブルパワーで育ち盛りのお子様を徹底サポート。
風邪に負けない元気な体作りをしましょう!

青汁の苦いイメージを覆し、子供でも飲みやすいバナナ味にしたことでなんと94.1%のお子様が「美味しい」と回答
安心の国産大麦若葉使用、国内製造。保存料・人工甘味料も不使用です。
牛乳を混ぜて、バナナオレ風に飲むのがおススメ!大人の方にも好評です。

初回限定60日間返金保証
今なら、2ヶ月間の使用で満足いただけない場合も商品代金保証があります。
安心してお試しできますね!

人気記事